• カレンダーのアイコン
  • 電話のアイコン 046-866-7600

スポーツ障害・外傷でお悩みの方へ

  スポーツ障害・外傷でよくあるお悩み

  • スポーツをして
    いたらケガを
    してしまった

  • ケガの正しい
    対処方法が
    わからない

  • 整形外科で治療をしたが回復
    していない

  • ケガを予防して
    スポーツを
    楽しみたい

スポーツ外傷・スポーツ障害の原因と対処方法

捻挫・骨折・脱臼などのスポーツによるケガは唐突に起こる場合も考えられるため、

あらかじめ予防法だけでなく応急処置について知ることも大切です。

 

スポーツによるケガは「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の二つに分けて考えることができます。

それぞれケガのシチュエーションが異なり、原因も異なるためまずは違いを正しく知りましょう。

 

ケガをしやすい方は、練習熱心で身体を酷使している方が多いことも特徴です。

どうすればケガを回避できるか、効果の高いストレッチ方法などもあわせてお伝えします。

スポーツ障害・外傷でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

スポーツ外傷とスポーツ障害の違いについて

スポーツによるケガは、スポーツ外傷・スポーツ障害の二つに分けて考えることができます。

サッカーやテニス、野球、バスケットボールなどどのようなスポーツでも起こることが考えられます。

こちらでは、それぞれどのような違いがあり、具体的なケガの種類は何があるのかについてまずはみていきましょう。

 

【スポーツ外傷の症状と原因】

 

スポーツ外傷とは、「他の選手とぶつかって骨折した」「ボールが当たって打撲した」というように一度の衝撃で発生し、何が原因でケガをしたのかが明確です。
具体的な症状として、打撲、創傷、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腱断裂、神経損傷、血管損傷などの例があります。

特に多いのが足首の捻挫だといわれています。
足はどのスポーツでも激しい動きをすることが多く、足首や股関節の硬い方が無理な動きをして捻挫に繋がることが多くみられるためです。

スポーツ外傷が起きる原因として、次のことが挙げられます。

・過度な練習による筋肉の疲労

筋肉を酷使して疲労が溜まった状態は、肉離れや疲労骨折などを起こしやすいです。

・スポーツのフォーム

間違ったフォームで身体に負荷がかかり、ケガをするケースがあります。

・柔軟性の低下

身体が硬い方は可動域の狭さから、ケガをしやすい傾向にあります。

・選手との衝突や、ボールにあたる

チーム競技やボールを使うスポーツは、衝突事故が度々起こります。

・ジャンプした時の着地や切り返しで身体に負担がかかる

スポーツ特有の高いジャンプや素早い動きは、日常の動作を超えた激しい運動です。
そのため身体への負担が大きいことが要因になる場合があります。

 

【スポーツ障害の症状と原因】

 

スポーツ障害は、繰り返しによるケガであり、1回の衝撃で発生することではないため、原因が明確ではないことが特徴です。
スポーツ障害の代表的なものには、次の症状が挙げられます。

テニス肘、野球肘、ジャンパー膝、オスグッド・内側側副靭帯、半月板損傷。アキレス腱周りの痛み、シンスプリント、手首の損傷(TFCC)

症状の特徴として、損傷部位の鋭い痛み・持続性の痛み・動作をする際に生じる痛みがあります。
日常的にスポーツを行っている方だけでなく、中高年の方が体力維持のために急にスポーツを始めた場合なども発生リスクが高くなります。

ケガが起こる・起こりやすくなる原因は、次の通りです。

・オーバーユース

身体の一部の使いすぎ、過度な練習による筋肉の疲労です。
一日休んで改善する疲労とは異なり、疲労の蓄積から慢性的・病的な疲労といえます。

・ミスユース

不正なフォームで練習を続けることをミスユースといい、スポーツ障害の要因になります。

・ディスユース

準備運動が不足し、柔軟性が低下している状態で急に運動を始めて、身体に負荷がかかることをディスユースといいます。

 

【症状と原因のまとめ】

 

スポーツ外傷・スポーツ障害は、スポーツ選手だけに起こるものではありません。
体育の授業や趣味サークルでの活動などで、主婦・中高年・子どもなど誰でも起こりうる可能性があります。
そのため、原因となる状態を少しでも回避するための予防も大切だといえます。

スポーツ外傷・障害の対処と再発予防

ケガをしてしまったときには、どのような応急処置が適切でしょうか。
ケガの種類や状態はさまざまですが、「POLICE処置」のような基本の対処方法を覚えておくと安心できます。

また、できる限りケガをせず安全にスポーツを楽しみたいですよね。
再発やケガそのものを対策・予防する方法についてもご紹介します。

 

【スポーツ外傷・スポーツ障害の対処方法】

 

ケガをしてすぐに必要な手当てとして、POLICE処置と呼ばれるものがあります。
次の言葉の頭文字を取ったもので、スポーツに限らず外傷の応急手当ての基本といわれています。
適切な処置をすることでケガの深刻化を防ぎ、早期回復を目指しましょう。

・Protection(保護)

テーピングなどで、患部を守るとともに固定します。

・Optimal Loading(適切な負荷)

リハビリとして負傷した部分をあえて使うことで、回復を早める効果が期待できます。

・Ice(冷却)

炎症や腫れを抑え、痛みを和らげるためにアイスノン(氷嚢)や湿布などを使ってクールダウンします。

・Compression(圧迫)

患部の圧迫は、内出血や腫れを防ぐ効果が高いことが考えられます。

・Elevation(挙上)

直訳は「拳上」ですが、心臓より高い位置に持っていくことが重要です。
血液などが巡りにくい位置にあることで、腫れやむくみを防ぎます。

 

似た言葉としてRICE処置があります。

・Rest(安静)
・Ice(冷却)
・Compression(圧迫)
・Elevation(挙上)

従来はRICE処置が主流とされていましたが、Rest(安静)よりも適切に動かしたほうが早い回復につながるという考え方から、現在ではPOLICE処置が主流とされています。
自分の処置だけでなく、家族やチームメイトの応急処置にも活用できるためやり方を覚えておくことがおすすめです。

応急処置をしたあとは、医療機関や整骨院・接骨院にかかりましょう。
健康保険が適用される場合、自己負担額を抑えながら施術を受けることができます。

 

【スポーツ障害・スポーツ外傷の予防方法】

 

・スポーツ前のウォーミングアップ

準備体操、事前のストレッチは必ず行いましょう。
そうすることで柔軟性を高め、ケガの予防が期待できます。
特に、朝や午前中は身体が寝ている状態から時間が経っていないため入念にアップをしましょう。
また、サッカーをするときは足首の運動、バスケットボールをするときは手首や指の運動、といったようによく使う部位を重点的に動かしておくとよいです。

・スポーツ後のクールダウン

スポーツをしたあとは、身体に疲労物質が溜まっている状態であることが考えられます。
マッサージなどで硬くなった筋肉をほぐし、疲労のもとがなるべく早く解消するようにケアします。

・ストレッチを行う

定期的なストレッチを行うことで、筋肉の緊張の緩和が期待できます。
縮んだ筋肉を伸ばしておくことで身体がほぐれ、血流改善の効果が期待でき、その結果として疲労の蓄積の緩和に繋がると考えられます。

花田整骨院の【スポーツ障害・外傷】アプローチ方法

<電気療法>

ハイボルト療法器で患部の炎症を鎮め、さらに傷ついた組織の早期回復のため微弱電流(マイクロカレント)を流します。

 

<鍼施術>

圧痛が強い部位、痛みを引き起こす場所(トリガーポイント)に施術を行います。

 

<手技療法>

JTAフラッシュリプロ療法で関節の動きを正常にします。

 

<テーピング>

キネシオテーピングを用いて筋肉や関節を補助します。
さらに固定が必要な場合はサポーターやキャスト材を使用します。

著者 Writer

著者画像
院長:花田安弘(ハナダヤスヒロ)
佐賀県出身
好きなこと:食べること、飲むこと、バイク、Netflix
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:花田整骨院
住所〒237-0067 神奈川県横須賀市鷹取1-4-19添田ビル1F
最寄:追浜駅
駐車場:あり(1台)
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:30
9:00〜
14:00
- -
15:00〜
19:30
- - -
定休日:日曜・祝日